河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

住み替える家27

工事に入るとたまに進捗を見に行くくらいで、特にやる事はありません。定期的にメールで進捗状況を教えてくれますし、たまに缶コーヒーなどを持って挨拶に行くと、現場監督が状況を説明してくれました。小さなトラブルは解決してくれますし、大きなトラブルについては「この方が良いと思います」という提案があるのでそれに乗っかるだけでした。設計と施工が一体となっている会社にお願いしてよかった点の一つだと思います。別々になっていると施工業者が「こんな設計じゃ無理だ」と勝手に変えて問題になったり、無理やり設計に合わせてしまい後で雨漏りなどの不具合になったりするらしいので。

 

とはいえ、何もトラブルが無かったかというと、そういう訳でもなく、やはりユニットバスを階段下に入れるのは難易度が高かったらしく、設計担当が思わず「出来ないよ!」と言ってしまった、キッチンが階段では搬入できずクレーンで吊り上げて入れた、など、後で聞くと色々と苦労があったようです。

ただ、壁を開けたら中がものすごくカビてた、とか、梁がシロアリに食べられてた、など致命的なものはなかったようなので、追加費用を迫られる事はなく、築20年にしては不具合が少ないようでラッキーではありました。こればかりは中を見てみないとわからないので。

 

着々とリフォームは進んで、引き渡しの時期まで進んでいきます。引っ越しシーズンは避けたかったのですが、残念ながらモロ被りになってしまいました。仮住まいに引っ越した時の倍以上の費用となってしまいましたが、1ヶ月伸ばしても家賃がかかるのを考えるとあまり差がないので仕方なく繁忙期に引っ越す事に。

住み替える家26

引っ越しして約一年。現在のところ、大きな不満もなく過ごしております。小さな不満はありますが、だいたいが狭小住宅ゆえのスペースのなさに起因するので、解決するにはモノを減らすか広い家に引っ越すかしかありません。

 

家のトラブルで一番大きかったのは、排水管が詰まって水が流れなくなった事。原因はおそらく大量の脂を流した事による配管詰まり。ちょうどバレンタインデーで「溶かしたチョコを排水口から流して詰まる」というツイートを見た後に、家でも同じ事が起きるとは…

帰ったら奥さんが水のトラブルのところに電話してしまった後で、業者も既に到着していました。「マグネットをポスティングしているところなんてあんまり信用できない」と思ってたので警戒しながら話を聞くと、とりあえず薬剤を入れてみると。値段は出張費込みで五千円。呼んでしまった手前どのみち出張費は確定しているのでそれでお願いしました。

 

持ってきた薬剤をお湯で入れると、10秒くらいで「ボゴッ」という音と共に排水され始めました。あっさりと解決。

 

業者がいうには、「リフォームだと配管に長年の詰まりがあるから高圧洗浄した方がよい」というのですが、それが怖いので屋内の水回りは全取っ替えしてもらってました。

ちなみに値段を聞くと「全部やると約三十万円」との事。マンションなどでよくある高圧洗浄機が乗った車が来るとそのくらいで、ハンディタイプだとその半分くらい。配管の長さで値段が決まるそうですが、さすがに何十万も払う気はないのでとりあえず出張費と薬剤の五千円くらいでお引き取り願いました。支払いは現金だけかと思いきやカードが使えるというところに「やり逃げはさせない」という意思を感じて変に関心しました。

 

ちなみにあとで調べたら火災保険で家のトラブル対応の特約があり、そこに電話して保険番号を伝えると料金1万円までだとタダなのですが、別の業者も使っても領収書の原本を送る事で同じ条件になるとの事。早速電話して、領収書返送用の封筒をもらう事にしました。後日同金額が振り込まれており実質無料で修理できました。とはいえ最初からそこに電話するのが一番ではあります。ネットで検索しても水のトラブルの業者は結構支払いでトラブルっているようなので。

住み替える家25

大体の打ち合わせが終わり工事に入ります。といっても、他の現場のスケジュールもあるので、すぐにという訳ではありません。

待っている間にも換気扇の位置や、部屋を仕切るカーテンの位置の微調整など細かい確認がありつつ、工事を迎えます。

 

工事するにあたってご近所回り。リフォーム会社に他の施主の例を訊きながら、現場監督と一緒に向こう三軒両隣に挨拶する事になりました。

強い拒否もなく終わってホッとしたのですが、一軒の家で色々ご近所情報を教えていただいた所があり参考になりました。

 

例えば関西のとある会社が建物を建てる際に挨拶周りをせずに工事を始めた所、少しでも路駐していると毎回警察に通報されて進捗が遅れてしまったという話を聞いて、「土地持つだけでこんなに面倒くさくなるのか」とちょっと暗澹たる気分。

十数年前にすぐ近所のマンションに住んでいた時はそんな事考えもしなかったのですが、ご近所さん曰く「下町だからしょうがないよね。そのかわり懐に入れば色々と便宜を図ってもらえる事もあるし」との事。

そんなわけで少し離れた町内会長のところを教えていただいて挨拶に行き、とりあえず仁義は通しておきました。

住み替える家25

2階は真ん中に階段があり、右奥に上がる階段があります。もともとは上がる階段の前にやたらと広くて豪華なトイレ室がありました。便器も高そうなものでそのまま使えそうでしたが、トイレが広い即ち部屋が狭くなる、という事で、トイレを壁際に寄せて普通の広さに変えます。

 

下がる階段前のクローゼットやその裏にあった左奥の部屋の押入れも全て取り払い、寝室を一つと将来的に壁を立てて部屋にできるようにした広い廊下というレイアウトにしました。

階段の横には小さなウォークインクローゼットとし、寝室にもカーテンで仕切れるようにカーテンレールをつけました。クローゼットとして壁を立てると寝室が狭くなってしまうのでカーテンで仕切るだけ。壁よりもカーテンの方が圧迫感がないので良かったです。

 

一階の店は基本的にDIYで、排水や電気コンセント、換気扇など自分では難しい所だけやってもらう形にしました。なので、壁は木がむき出しのままで引き渡してもらう事に。

 

外壁はもともとアイボリーのような色でそのままだとさすがにちょっと黒ずんでいる所もあったのですが、全面に足場を組むと結構な費用増になるとの事で、前面だけ同じような色で塗り直す事にしました。

 

打ち合わせは大体4回くらいで終わりました。私にあんまりこだわりがないのと、最初に理想的な暮らしというのを出しており、掛け離れたものが提案される事がほぼなかったので、回数は結構少ない方だと思います。

 

住み替える家24

ユニットバスの壁の色も色んなパターンがあるのですが、結局子供に決めてもらいました。シャワーヘッドは手元で操作できるものと悩みましたが、結局何でもない普通のもの。

キッチンだけは一つグレードの高いものに変えました。決め手はやはり見た目が標準よりも優れているのと、シンクのゴミ受けが使いやすそうな所。特にゴミ受けは毎日使うものなので、妥協して毎日イライラしたくないと。まあコストを考えるとゴミ受けだけ変えればいいという話ですが、コスパばかりで細部にこだわりすぎると、全体が合わなくなってかえって高くつく事もあるので…

個人的にはトイレも吟味したかったのですが、特約店契約で安くなるらしく、パナソニックのトイレになりました。本当はTOTOが良いと思ってたのですが、パナソニックも実際使うとこびり付きも少なく掃除の頻度も減ったので、それはそれでよかったと。

 

お風呂とキッチンが決まり、あとは各部屋のレイアウトを決めていきます。とはいえ狭小住宅なのでそれほどバリエーションがあるわけもなく、さらに一階は店舗、3階はLDKで、2階をどうするかという話です

住み替える家23

もう一つ気になっていたお風呂。ユニットバスのサイズが合えば問題ないとの事。今のマンションの風呂桶の大きさからは1ランク小さくなるのですが、仮住まいの狭い正方形の風呂と比較したら十分広い。

 

キッチンとユニットバスを決めるべく新宿のモデルルームへ。知らなかったのですが西新宿あたりは住宅用品のモデルルームがたくさんあり、回ってスタンプラリーみたいな事もできるみたいです。

モデルルームなので、当然最も見栄えする最上級グレードのものをズラズラ並べて高い方を買わせる、と思いきや、意外とそうでもなく、色んなグレードのものが分け隔てなく並べてあるので、むしろ悩んでしまいます。

例えば、シャワーヘッド。形や機能によって様々なのですが、並べ方は均一で案内の方も「好みでいいですよ」と高い方を押し付ける訳でもないので、むしろ「自分の好みは何なのか」という根源的な問いをされてしまう、という。

以前、モデルハウスを見に行った時に営業の方が言っていた「家作るとドアノブだったり窓枠だったり色々決める事がありすぎて『もう勝手に決めてくれよ』と言われます」と笑っていましたが、まさにその状態でした。

住み替える家22

リフォーム会社が決まったので、次は細部を詰めていきます。

 

家の形は長方形で、ちょっとしたウナギの寝床の3階建て。入り口からすぐ左に螺旋状に3階まで続いています。現状部屋は分かれているものの、スケルトンにするので外側だけ決まっている状態。例えると虎屋の羊羹の箱が3つ重なった形。

 

まず俎上に上がったのは3階リビングのキッチン。当初のプランでは窓に沿ってキッチンが並び、反対側がベンチになっていたのですが、料理している後ろを行き来するのは邪魔かもしれない、と考えて、L型キッチンにして奥に寄せ、対面にする事にしました。冷蔵庫を置くと通路が狭くなりますが、結果的には思ったほど狭くならずに良かったと思います。

デメリットとしてはエアコンの風がシンクに遮られて奥まで届きにくいという事でしょうか。キッチンの反対側はベランダを拡張して大きな窓にした為、その上にエアコンがつけられず、やむなくキッチン側の壁についているのですが、火を使うのでキッチンはそんなに寒くなく、逆にリビングは寒くなりがちなので、今の時期はエアコンの位置はちょっと失敗だったかなーと思います。