読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

球形の荒野

松本清張の小説

内容は、まあ検索してもらえれば出てくると思いますが、感想を言えば一番最後の行を読む為に筋がある様なものでしょう。トリックなんてものも殆どないし。

いつも思うのですが、松本清張が付けるタイトルは抽象的過ぎて、題名を見ても内容を思い出せない事が多々あるのですが。自分だけか?