読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

住信SBIネット銀行にローンを借り換えた(でも実行日前)1

安いですよね、金利

ということで、フラット35のSBIモーゲージから借り換えています。手続きはほぼ終了しており、あとは今月末の実行日を待つばかり。

 

で、何が一番驚いているかというと、

銀行の人に一度も会っていない。

書類の不備等で電話は何度か来ましたが、基本的にはネット経由の入力と書類の送付だけで済んでしまいます。

正確にいえば指定された司法書士の面接が一度だけあるので、完全に無人という訳ではないのですが、それでも当事者同士が一度も合わなくてもいいのです。しかも司法書士は土曜日の面接も可だったので、このまま行けば会社を休むこと無く借り換えができそうです。

借り換えるキッカケは物に釣られたから

7年前くらいにマンションを買った時には、これから金利が上がるという雰囲気だったので、フラット35で30年ローンを選択していました。それから金利は多少上がったかと思いましたが、それ以降どんどん下がって今は金利優遇キャンペーン中だと借りた時の半分くらいの金利になっています。

そんな中、借入元のSBIモーゲージから一枚のハガキが届いて、借り換えの相談しに事務所に行くだけでAmazonギフト券1000円が貰えるという、冷やかしでもらうには十分な額のキャンペーンへのお誘いでした。

といいながら、最初ハガキを無視して捨てたのですが、その後勧誘の電話がかかってきて事務所に行くだけでいいとの確証を得たので、再度ハガキを送ってもらって相談しに行ったのですけど。この時点では借り換える気はほぼゼロで、何が嫌かってローン借りた時の煩雑さと、平日に休みをとって銀行を訪れなくてはいけない上に手数料を取られるという何だか納得の行かない事務処理に関わりたくなかったのです。

とにかくAmazonギフト券欲しさに翌週SBIモーゲージの事務所を訪れたのでした。

 

せっかくだからと調べてみた

借り換える気がないとはいえ、一応借り換えを検討してます風を装わないとホントの冷やかしだと思われるのは自尊心が許さないので、とんとご無沙汰だった住宅ローン関連の事をネットで調べて付け焼き刃的な理論武装をしていたのですが、あまりにも金利が下がっているので、これは本当に借り換えたほうがいいのかもしれない、と思い始めました。

 

つづく。