読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

住信SBIネット銀行にローンを借り換えた(その後)

当初の目的であった「ローン相談にいくと、Amazonクーポンがもらえる」の件、本日メールが届いて無事クーポンが貰えました。

 

借り換え実行後に起こった事といえば、SBIモーゲージから二度ほど電話が掛かってきた事と、借り換えで返済が終わった金銭消費貸借契約書が送られてきた事でした。

正直、金銭消費貸借契約書が戻ってきた時には、もうクーポンは貰えないかと諦めていたのですが、電話相談分と来社での相談分の計4,000円分でした。

 

金利は下がる、クーポンはもらえる、で、得した気分です。逆に言えば、「クーポンの原資は今まで払った金利から出ている訳ですから、訪れるだけでこんな額のクーポン貰えるキャンペーンが出来るという事は今までどれだけ高い金利取ってたんだろう」とか考えてしまいますが、まあ最後に一矢報いたとでも考えることにします。

 

SBIモーゲージからの電話の件ですが、一件は相談に行った時の担当者からで、相談時に他の銀行と比較している事を伝えていたので、その旨を伝えた所あっさりと終了しました。色々と相談してもらってちょっと後ろめたい感じですが、なにせ銭の話なのでアコギにならざるを得ない。その後ろめたさも担当者が若い女性だったから、という事も若干含まれていたりするわけですが。もっと相談したかった…と考えてしまいますが、まあ夢だと思って忘れましょう。

で、もう一件はコールセンターみたいなところから金利がまた下がったのでという旨で掛かってきたのですが、この時には既に担当者にもお断りを伝えた後だったうえ、既に解約の手続きも済んだ後の事で、横の連携が取れていないんだな、と感じてしまいました。もちろん他銀行で借り換えた旨を使えて終了しました。

 

何にせようまい話には何かしら裏があるわけですが、自分から動いて取ってきたうまい話なら、ある程度裏があっても自己責任と考えられるので、良かったんではないかと思う次第です。

あとは金利が上がる前に、投資の額をなるべく増やして相殺できるくらいにもっていくのが理想ですが、どうなることやら。

 

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)