読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

部下に攻撃的な上司は、サッサと周りに絶望してほしいと思う次第

たまにいるんですが、部下に対してやたらとイチャモンをつける上司。

あれって何なんでしょうか。

 

先日、退職する役員の送別会があったのですが、参加者ほとんど全員が仕事での接点がなかった中、ご本人はいたく上機嫌でなぜか社員に対し「おまえは生意気だ」「あんたなんか辞めたほうがいい」等々言いたい放題。周りも苦笑いで合わせるものの、「立つ鳥跡を濁さず」という言葉ってドコの世界の話なのだろうか、と思わざるを得ない言動。挙句の果てに「花束はないのか」「普通、記念品くらい準備してるだろ」と言い出す始末。

 

当然のことながら、こちらもトバッチリを受けて「おまえは人の顔を見ても挨拶しない」とか「今度挨拶しなかったら飛び蹴りしてやる」とか、パワハラで訴えたら勝てるんじゃないかと思わざるを得ないお言葉。送別の言葉を言おうと口を開けば野次を飛ばしてくるわ、女の子に対しても言葉が聞きたいと突然話を振ってくるわとやりたい放題で、もはやサッサと終わることしか考えない最悪の飲み会。

 

なぜそんなに攻撃的なのかツラツラ考えてみるに、まずは絶望的にソリが合わない人なんだろうなというのはとりあえず置いておいて、他人を攻撃することで自らを守ろうとしているのではないかと。そもそも役員を送別している訳で、会社では必要とされなくなったから送別しているのが前提としてあるでしょう。本人が納得しているのかいないのかは定かではないですが、任期が更新されなかったという事実。

また、周りを貶めるという言動は、仕事を自分一人だけが行っているという勘違いをしたままなんじゃないか、とも思えるのです。仕事をするのは俺だけで、周りはただ言うとおりに動けばいいと考えているのではないか、と。当然、自分の言うことをきかないのは「生意気」であり、仕事で接点がない社員は「辞めた方がいい」と放言する根底には、そんな思考が透けて見えるような気がします。

 

むしろ、自分一人で行える仕事なんて会社全体から見えば極々一部であり、それは上になればなるほど部下の力を合わせなければならないと思ってしまうのですが、それはいつまで経っても出世しない一部下の妄想なんでしょうかね。

結局一人で仕事をして、一人で辞めるとしたら、じゃあ会社人生って何だったんだろうなあ、と。トットと自営でも始めればよかったんじゃないか、とも思ったり。まあ、それでも役員まで出世したのだから、うちの会社って声が大きい人が昇進しやすいという古い会社なんだとも思ったり。いや、何かムツカしい。

 

まあ、今回退職される役員に関しては、これまでの人生の中でたまに遭遇する「こちらは全然相手にしたくないのに、なぜかイチャモンをつけて絡んでくる人」なんだろうなあ、と思うしかないかと思う次第。

この際、一人で仕事をしていると思っている人は、是非他人を攻撃せずに周りに絶望しながら孤高を貫いていただきたいなあ、と。そっちのほうが無害だし、出世も早いと思うのですがどうでしょうか?

 

孤高の人〈上〉 (新潮文庫)

孤高の人〈上〉 (新潮文庫)