読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

住み替える家2

 きっかけは東京スタイル

tokyo-style.cc

東京スタイル」というサイトがある。何年か前からちょくちょく見ていて、基本的には賃貸が多いのですが、たまに一軒家や一棟ビルが出ており、且つ中古でもある為手が届きそうな価格だったりするので、色々想像がはたらきます。

多分一番最初に気になったのは入谷辺りの一棟ビルで、1階がラーメン屋か何かをやっていた店舗となっており、上が住居になっていたと思う。

まだ結婚する前だったので、上階に住んで土日だけ1階の店舗で古本屋をやって、とかぼんやり考えたりしていた。

リーマンショック後くらいで一棟ビルといえども3000万台でそんなに高くなかった気がする。今だと古くなったとは言え値上ししていそうではある。

他にも浅草橋駅近の一棟ビルがあって、こちらも結構安い値段で出ていたと思う。

結局その時は具体的に行動することもなく、ぼんやりと想像するだけで終わってしまった。

 

そのうち住んでいた社宅を追い出される事になったので、まず建売住宅を探したが予算3000万くらいの建売だと足立区の五反野台東区の清川など交通の便が微妙な感じの所が多く、中古物件も視野に入れて西巣鴨のガレージ付き中古物件4000万ちょいを散々悩んだ挙句、一人で住むには広すぎると判断し、最終的に何かあった時に売却しやすい駅近マンションに切り替えた。

この時に学んだのは「物件は駅近が絶対」。この教訓のお陰で今回の買い替えが上手くいったと思う。但し、一番お世話になった不動産屋からは結局買うことなく無駄骨を折らせてしまい心残りではあったので、今回の売却にあたってもお願いしようと思って検索したら、不動産屋ごと倒産していたので恩を返すことができなかった…

この時の話も色々あるのだが、今回は関係ないので飛ばすことにして。

 

結局豊洲のマンションを買い、結婚して子供が生まれて、購入から10年ほど経った去年、サイトを見て一軒の店舗付き住宅が気になったのでした。