河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

住み替える家6

 結局買わなかった戸建ての内覧担当だったSさん。実は最初にコンタクトを取った時には別の人とやりとりしていたのですが内覧当日に変わったのですが、結局この物件の話よりも住んでいるマンションの売却の方に重点が移りました

 そのまま自宅のマンションまで来てもらい、売却に話すこと約半日

 買い替えなので、最もよいのは「マンション売る→物件買う→引越」ですが、「マンションが売れない」「マンション売れたけど物件買えない」「物件買ったけど売主の引越がだいぶ先」等色々と想定されます。Sさんと話す中でとにかく「マンション売る」が先行しないと、良い物件があった場合に身動きが取りづらくなるという事がわかりました

 売主の立場に立つと、「マンションが売れないと買えない買主」と「直ぐに支払ってくれる買主」がいて価格等他の条件が一緒ならば、当然後者を選ぶはずです。マンションが売れなければ買うことも出来ない為、売主は買主のマンションが売れるまで待たなければいけません

 また、この時は年末だったのですが、これから4月にかけて売買が一番多くなる時との話もありました。やはり4月は進学や異動があるので売り買い共に取引が旺盛になるとの事

 そういうわけで、3月までの3ヶ月間専属専任媒介契約を結ぶことにしました。実はその後に他の不動産屋ともアポイントを取っていた事もあり、また駅直結のマンションで売りにくいということもないのではないかと考えていたので専属専任ではなく一般でもよいかと考えていました

 しかし専属専任でない場合売り方も力が入らない事、各不動産の情報を自分で整理する必要があり、例えば内覧があった場合などに煩雑になる事、加えてどちらにせよレインズやスーモなどには登録される為、他の不動産屋からの問い合わせもあるし、いわゆる「囲い込み」はしないとの事で、専属専任媒介契約とする事にしました

 そして売り出し価格は、売り急いでいない事もあり査定額を500万は超える価格で売り出すことに。買った時のおよそ倍の値段です。さすがにこの金額は高すぎるのではとは思うものの、上階がもっと強気の坪単価で出してる事もあり、この値段で売り出すことに決めました

  内覧を迎えるにあたり、色々とアドバイスを受けました。特に参考になったのは次の2点です

  • 水回りは皆気になるので特に気をつけて掃除する
  • 内覧の時は全部屋照明を点ける

 水回りが汚いと購入意欲が一気に下るのは実感としてわかりました。特に排水口あたりがキレイになってないと、うまく排水できないんじゃないか、とか配管に問題があるのではとか考えてしまいます。壁や床など目に見える部分を直すのは簡単に想像できるのですが、配管などはほどんど目に触れないにもかかわらず生活に直結する部分なので、駄目になっていた時のダメージは計り知れないように思います

 トイレや浴室まで全部屋照明をつけるのはイメージアップにつながりました。ポートレイトを撮るのに照明で白く飛ばすのと同じかと思います

 

水回りの掃除はやったのですが、ユニットバスの床が黒ずんでいて全然落ちなかったので、清掃業者を呼んでやってもらうことにしました。若い二人組だったので大丈夫かと思ったのですが、専門業者だけあって黒ずみがほどんどわからないくらいキレイになりました