読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

キャリコキャラレロ

今、唐突に思い出したメロディーだが、何だろう

「キャリーコ、キャラレーロ、キャリーコ、キャラレーロ」という子供の合唱のような歌だった気がする

この後に笛が聞こえる云々の歌詞があった気がする

何とか童子の歌だったよな。白馬童子だっけ。

と思って検索したら、白馬童子は山城新吾だった

笛と童子で探したら、ありましたよ。「笛吹童子」でした

しかも歌詞は「ヒャラーリ、ヒャラリーコ、ヒャリーコ、ヒャラレロ」が正しいし

「ヒャリーコ、ヒャラレロ」が自分の中で「キャリーコ、キャラレロ」に変わったらしい

久生十蘭に「キャラコさん」ってあったな・・・。あとキャラコって聞くと落語の「らくだ」を思い出すのはなんでだろう?

の画像