読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河底0メートル

いわれてみれば、たしかにきこえる

史上最低の映画「プラン9・フロム・アウタースペース」と「ゲゲゲの鬼太郎」

史上最低の映画

「新橋文化劇場」という名画座が新橋駅近くの高架下にあります。今回、「史上最低の映画」で名高い「プラン9・フロム・アウタースペース」がかかるという事で、観に行ってきました。ちなみに同時上映はゾンビつながりで「ゾンビ」です。

結果からいうと確かにつまらないのですが、寝るまで至らなかったのでそこそこです。家でぼんやりテレビを見ているよりは有意義な時間だった、と思いたい。

 

殴り合いで決着

プラン9・フロム・アウタースペース - Wikipedia

ネットを探せば悪い評判がゴロゴロでてくるのですが、個人的に一番つぼにはまったのは、最終的に宇宙人相手に殴り合いで勝ってしまうというSF感ゼロの決着方法でした。UFOでやってきて死人を蘇らせたりしてたのに、最後は拳で決着というヤンキーイズム。

そこで思い出したのが、先日行われた「バオーンの夕べ」という水木しげる漫画全集関連イベントで京極夏彦氏が言っていた言葉でした。

 

攻撃が物理的

ゲゲゲの鬼太郎」はご存知のように鬼太郎が様々な妖怪と戦う話ですが、ちゃんちゃんこや髪の毛バリ等々の技はあるにせよ、その全ては結局相手に対する直接攻撃であり、京極氏は「攻撃が全て物理的だ」と喝破されていました。幽霊族なんだし妖怪なんだからもっと楽に勝てそうなもんですが、相手の攻撃に苦しみながら結局最後は相手の体の中に入って殴ったりして勝ったりします。

何というか、良く言えば真っ直ぐに戦っている、悪く言うと戦い方に工夫が無いと言えるかと。まあ、アニメ版と違って、漫画の鬼太郎は人間のエゴが主題で戦いはあっさりしてる時も多いんですけど。

 

人間のエゴの結果は物理的な攻撃で終わるのか

史上最低の映画と妖怪漫画の傑作を並べるのは心苦しいところですが、「攻撃が物理的」の一点で結びついてしまいました。「プラン9」も人間が宇宙を滅ぼしてしまいそうなので死者を生き返らせるというまわりくどい方法で攻撃されるわけですから、鬼太郎と同じような理由で人類は攻撃を受けるのです。

その結果はというと、拳であっさり決着をつけるという単純極まりない解決法。問題がこと人類側にある場合問題提起が主なので、解決法は特に工夫はなくとりあえず拳で撃退できればそれでいいのかもしれません。人間が存在する限り、どうせまたやってくるのですから。

 

プラン9・フロム・アウター・スペース 新訳版 [DVD]

プラン9・フロム・アウター・スペース 新訳版 [DVD]

 

 

 

ゲゲゲの鬼太郎(1) (水木しげる漫画大全集)

ゲゲゲの鬼太郎(1) (水木しげる漫画大全集)